2016年04月14日

第28回 定期演奏会 告知

FB_IMG_1454598290832.jpg





臼井リコーダーアンサンブル 第28回 定期演奏会を開催致します。

日 時 :2016年4月23日(土)
     13:30開場  14:00開演
場 所 :佐倉市民音楽ホール
      京成臼井駅より徒歩4分
演奏曲目:組曲 ホルベアの時代より(E.グリーグ)
     第7旋法による8声のカンツォン(G.ガブリエリ)
     鳥の歌(C.ジャヌカン)
     他

入場無料です。
私達の日頃の練習の成果をぜひお聴きください。
リコーダーの音色の美しさや可能性、魅力を感じて頂けるように、メンバーが一丸となって頑張ります!!


なーす


posted by ブログ管理人 at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2016年04月11日

2016/4/11(自主練習日)

今日は連チャンで自主練習です。
昨日の集中練習の疲れが出ていませんか〜?
小グループの前に気になるところを少し練習することになりました

ホルベアの時代より
4.Air
音程の調整を細かく行いました。

連絡事項
小グループの時の背景の色を決めておく

各グループに分かれてそれぞれ練習

定演まであと2週間を切りました
練習はあと1回のみ
本番に向けて体調と心を整えていきましょう!

robin♪
posted by ブログ管理人 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2016年04月10日

2016/4/10(集中練習日)

先生の指導で定期演奏会の演奏する曲順で練習しました

Canzon Septimi
鳥の歌
小グループ
イェスタデイ
イェスタデイ ワンスモア
G線上のアリア
軍隊行進曲
小さな世界
マンボNo.5
ノルウェー民謡
ホルベアの時代より

カンツォンは教会をイメージして左右に分かれ対面して吹くように椅子の配置を確認しました
掛け合いを意識して

小グループは時間の都合上頭のところだけ吹いて流れを確認しました

最後に大きな古時計

全体を通して曲の時間、司会のお話しを入れての時間をみました

先生から曲を吹く前に曲のイメージをしてから吹くようにと指導をうけました

椅子の座りかたについて
改めて浅く座るよう
楽器に体を合わせるのではなく自分の体に楽器を持ってくるように

長い時間お疲れ様でした

 楓
posted by ブログ管理人 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2016年04月04日

2016/4/4(自主練習日)

定期演奏会の演奏する曲順で練習しました

Canzon Septimi
和音を意識して
高い音の音あわせをしてから
鳥の歌
ノルウェー民謡
自由に吹くソプラノにあわせないでテンポで吹くように
大きな古時計
メロディはたっぷり
八分音符のところは掛け合いになるように

小グループの練習をしました

連絡事項
司会さんから小グループから一人インタビューお願いしますとのこと

楽器紹介の曲の確認
プログラムの確認
朝日新聞に掲載 4/13
4/10は1時から5時の練習です

posted by ブログ管理人 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2016年03月28日

2016/3/28(指導日)

定期演奏会まで1ヶ月をきりました
練習も残すところあと数回です
今日は小グループの練習をそれぞれ先生に指導して頂きました

最初にグループ
G線上のアリア
軍隊行進曲
全体で
Canzon Septimi
鳥の歌
ノルウェー民謡
ホルベルグ組曲4楽章
を練習しました

グループ
小さな世界
マンボ

イェスタデイ
イェスタデイワンスモア

定期演奏会の連絡事項の確認がありました
CATVの録画時間をどうやるか話し合いました
司会の方へのお礼について


posted by ブログ管理人 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2016年03月14日

2016/3/14(自主練習日)

練習曲

カンツォン
カンツォン純正律編曲版
鳥の歌
ホルベルグ組曲全曲

今日の練習はいつもとちょっと趣が違いました。先日、先生がおっしゃられていた純正律についてメンバーが判りやすいように、カンツォンをコンマスがわざわざ編曲して楽譜を作ってきてくれました。それに基づいて和音を確認しながら演奏しました。純正律と平均律の理屈は判らなくても、音の違いは私も含めて皆さんなんとなく理解できたのでは? 何よりメンバーのためにまたまた骨を折ってくれたコンマスに感謝です。

posted by ブログ管理人 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2016年03月07日

2016/3/7(指導日)

雨が降っていましたが暖かい夜、日比先生の指導日でした

ノルウェー民謡による変奏曲
Holberg Suite
Canzon Septimi
鳥の歌
を練習しました

チューニングの仕方を丁寧にやってみました
ノルウェー民謡は肩の力を抜いて吹いて下さい

Holbergの5楽章で楽譜の変更がありました

先生が1、2楽章の録音をされました

定期演奏会の連絡事項の確認がありました
3/21はお休み
3/28は小グループの指導を 先生にみて頂く予定
広報さくら 4/15に掲載

最後はグループに分かれてそれぞれ練習しました

posted by ブログ管理人 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2016年02月29日

16/02/29(自主練習日)

今日は自主練習です

1.Canzon Septimi
2.鳥の歌

チューニングの方法の確認
オーケストラのように1つの音で合わせるのはどうか?

Canzonでは、お互いの音を聞きましょう的な練習
自分のパートを吹く事で精一杯だったので、他のパートの音を聞こうとする良いきっかけになりました。

テンポの確認
注意しなければいけない部分でやはり吹くだけで追われ、他のパートの音のからみとか改めて気が付かされました。

こんな事書くと今頃?と思われそうですが〜

鳥の歌では、鳥のさえずりは、よりコンパクトに短く、そしてカッコーは距離感をもってはっきりと等の注意がありました。

連絡事項の後、グループ練習

連絡事項

・司会の方への謝礼について
・アンケートのフォーマットの変更希望があれば
・プログラムの用紙について

robin八分音符
posted by ブログ管理人 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2016年02月22日

2016/2/22 指導日

練習曲

HOLBERG SUITE より
 PRAELUDE
 SARABANDE
 Air
 Rigaudon

Variation on a Norwegian Folktune,Op.31

Canzon Septimi Toni a 8,(2nd of 1597)

Le Chant Des Oyseaux (鳥の歌)

 
 定演まで指導日もあとわずか。皆さんの練習にも熱が入ってきました。
 演奏していて”音”が随分まとまってきたように感じます。今まではバラバラの方向に散らばっていた音が、一つの曲になってきたような…そんな印象を受けました。個人的には曲にどう表情をつけていくかが課題です。
”ゆらゆらひらひら”や”のっぺり”といった先生独特の表現方法やクレッシエンドにデクレッシエンド、アクセントやスタッカート、出来ているつもりでも後で録音を聴いてみると以外と出来ていないものです。

 先生の指導の終了後は小グループの演奏順についての話し合い、その後グループに分かれての練習になりました。

 それから…少しづつですが定演の司会の台本を書いています。作成にあたり、資料を提供していただいたり、声を掛けていただいたり。本当に有難うございます。

 今日はインフルエンザでお休みの方がいらっしゃいました。この時期に大流行とは困ったものです。来週は元気な姿を見せてくださいね。そうぞお大事に。



                                                       GATCHAMAN

 
posted by ブログ管理人 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2016年02月15日

2016/2/15(自主練習日)


コンマスさんの指揮で
Holberg Suite
Canzon Septimi
を練習しました
Holbergの5楽章でバス、コントラバスの楽譜に追加がありました

定期演奏会の連絡事項の確認がありました
グループの曲目、グループリーダー、演奏する順番など

最後はグループに分かれてそれぞれ練習しました


posted by ブログ管理人 at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2016年02月08日

2016/2/8 (指導日)

日比先生の指導日でした

Canzon Septimi
鳥の歌
ノルウェー民謡
Holberg Suite
 5 rigaudon
 4 air
 3 gavotte

それぞれのパートの注意する部分、吹き方等の指導を受けました

先生の帰られた後は、連絡事項の伝達とグループごとの練習です。

連絡事項
・司会  
 メンバーの方のお嬢さんが快く引き受けて下さいました。 よかった!
・ポスターが出来上がったので掲載場所の確認と分担
・プログラム
 今年は「先生への一言」というテーマで45文字以内でお願いしますとのこと
・集中練習
 先生のご都合で4月17日から4月10日に変更とのこと
 時間は1時から
 そのため
 11日は自主練習 
 18日を指導日に変更予定
robin八分音符
posted by ブログ管理人 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2016年02月01日

2016/2/1(自主練習日)

早いものでもう2月に入りました
今日はお休みの方が何人かいらっしゃいました
コンマスさんの指揮で
カンツォン
グリーグ
大きな古時計
ノルウェー民謡
を速さ、息継ぎ、8分音符の刻み方、指揮に合わせて音を出すタイミングなど細かいところに注意しながら繰り返し練習しました
その後、3つのグループに分かれてそれぞれ練習しました

お休みの方がいたのでいつもの様にできなくてあらためて皆さんで曲を作り上げているんだと思った練習でした

posted by ブログ管理人 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2016年01月25日

2016/1/25 指導日

今日は、今年初めての日比先生指導の日です。

まずは、新年のご挨拶から始まりました。
年が明けると、本番が急に身近に感じてきます。定演まであと、実質3か月です。
吹きこなすことができるのかとても不安です。

今日の練習曲は

大きな古時計(モーツァルト風)・・・アンコール候補曲

Holberg

Suiteから
 1、praelude
 2、sarabande
 4、air
 5、rigaudon

ノルウェー民謡・・・これもアンコール曲候補

鳥の歌
 
先生の指導もより細かく具体的になってきました。
先生が帰られた後は定演に向けての連絡事項が(ポスターとかプログラムとか)あり、もうそんな時期?と人知れず焦りが出てきます。
その後各グループに分かれての練習でした

昨年もそうだったような気がしますが、この時期急に新しい曲がボンボンと現れ、今の自分の力量で果たして仕上げることができるのか?
新しい曲を練習していくうちに前やってた曲を忘れてたりして!
練習ですよね〜!

Robin八分音符
posted by ブログ管理人 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2016年01月18日

2016/1/18(自主練習日)

練習の前に定期演奏会で小編成のグループで演奏する曲を何曲か選び組み合わせをしました

G線上のアリア

Yesterday once more
Hey judo

マンボ no.5
小さな世界
の3つのグループに分かれてそれぞれ練習してみました

その後、Holberg Suiteを1楽章を除いて2楽章から5楽章まで通しました




================================

2015/1/18 自主練習日
練習曲 小グループ曲
ホルベアの時代より

今日は再度小グループの曲決め、編成、練習を行いました。小グループは3組となりそれぞれ『G線上のアリア』『小さな世界、マンボNo5』『イエスタデイ・ワンス・モア、オブラディオブラダ』と決まり9時過ぎまで分かれて練習、その後全体でホルベアを合わせました。
定演まであと3ヶ月余り、遙か先だったゴールが少し見えてきた気がします。

GATCHAMAN
posted by ブログ管理人 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2016年01月11日

2016/1/11 自主練習日

新年おめでとうございます
今年もよろしくお願いします
2016年の練習始め
本日は先生がいらっしゃらないということで自主練習です

鳥の歌
Canzon Septimi
ノルウェー民謡
Holberg Suite


新年事始め、まずは一通り演奏しました
楽譜のめくり方、音のチューニング、吹き方等々、細かいところまで踏み込んでの注意がありました
気が付かないので指摘されると、改めてなるほどと思います
でもお手柔らかにお願いしますね

今日は軽く全般を流した感じ
今年も無事スタートいたしました

robin♪

posted by ブログ管理人 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2015年12月21日

2015/12/21(指導日)

日比先生の指導日でした
今日は今年最後のレッスンです

練習曲
鳥の歌
ノルウェー民謡による変奏曲
Holberg Suite
第4楽章 Air

練習を早々にきりあげてお待ちかねの忘年会となりました

今回はテーブルの足を長くしていただいたので体には楽で快適に過ごせました
差し入れも沢山頂きました
ありがとうございました

楽しい演奏の時間となり先生、飛び入りの方も加わり素敵な演奏を聞かせてもらいました。クリスマスの選曲でクリスマスの雰囲気になりました
皆さんのリコーダー、音楽に対する並々ならぬ思いを感じる時間でした

良いお年をお迎え下さい

4月の集中練習は17日となりました

posted by ブログ管理人 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2015年12月14日

2015/12/14 自主練習日

鳥の歌
カンツォン
ホルベアの時代より

年の瀬のためか練習開始直後は空席が目立ちましたが、時間が過ぎるに連れて事前に欠席連絡を入れていた方以外は全員参加となりました。

鳥の歌、カンツォンは一通り通して、ホルベアは4番まで練習したところでタイムアップ。

以前決まったはずの定演小グループの演奏曲は、次回の忘年会でもう少し煮詰める事に。編曲者の負担を考えれば仕方のない事だと思います。そして来年の吹き初めは11日に決定しました。私が入会してからUREで祝日に練習するなんて私が入会してからは初めての事です。今までは頑なに休みだったのですが流石に1ヶ月の冬休みは長すぎますよね(^◇^;)

来週は今年最後の練習日&忘年会。どんな余興が飛び出すのか楽しみです。

GATCHAMAN
posted by ブログ管理人 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2015年12月07日

2015/12/7(指導日)

練習曲
Holberg Suite
ノルウェー民謡による変奏曲
Canzon Septimi Toni a 8
鳥の歌

Holberg Suite
1楽章から5楽章まで通しました

強弱やテンポの確認をしながら合わせていきました

3楽章は特にテンポを速くして戻った時遅くならないように
4楽章は難しい曲で遅くならないように、どろどろしないように

ノルウェー民謡
音合わせの時に声を出して確認してからの音合わせをしました
肩の力を抜いてメロディーを歌って下さい

Canzon
シンコペーションの吹きかたを統一しました

コンマスさんの指揮でCanzon Septimi Toni a 8 、鳥の歌を通して 終わりました

posted by ブログ管理人 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2015年11月30日

2015/11/30 (自主練習日)

ホルベアの時代より

第7旋法のカンツォン第1番


ホルベアはコンマスの指導のもと、今までみんなで演奏していてちょっと居心地が悪く感じていた箇所を全曲を通して重点的に練習しました。細かいリズムや音符の長さ、強弱などなど。前から気になっていたところや指摘されて初めて気付いたところ、音が違っていた(^^;;ところも!こうして細かいところを見直していくと段々と曲が締まりUREの中で完成に近づいて行くのを感じます。


休憩後はカンツォンを練習しました。こちらもホルベア以上の難曲です。全体の音や曲想が掴みづらいと言う意見があったので各パートで演奏する人、前に出て聴く人に別れて練習しました。私達は普段自分達の演奏を生で聴く事などありません。本番の後、録音で初めて聴いて”そうか!ここはこうだったのか!だったらこうすれば良かった!”と反省して悔しい思いをする事がほとんどです。こうして生でメンバーの演奏を聴いていると普段先生がおっしゃられる事やコンマスが指摘する事がよくわかり、良い練習方法だなと感じました。ホルベアでもやってくれないかなぁ。


今年の練習日は後3回、ラストは忘年会なので実質2回です。今日練習した事を次の練習でも生かして頑張りましょう。




Y.OKUBO
posted by ブログ管理人 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2015年11月16日

2015/11/16 (指導日)

練習曲
.Holberg Suite

1楽章から5楽章まで通しました
今回は、4、5楽章をしっかり練習しました

強弱やテンポに気をつけて繰り返しの部分の確認しながら合わせていきました

3楽章は特にテンポを速くして戻った時遅くならないように
4、5楽章はソロの部分が増えたので吹くところの確認をしながら練習しました

コンマスさんの指揮でCanzon Septimi Toni a 8 を練習して終わりました

posted by ブログ管理人 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌