2016年06月20日

2016/06/20 宿題が出ました!


自主練習日でした。
今日はお休みがチラホラと・・・
梅雨入りしたというのに あまり雨も降らず、夏日が続いていますが皆様の体調はいかがでしょうか?

<練習曲目>
1 G.P. Telemann    
2 Francis Poulenc  クリスマスのための4つのモテット  1、2、3、4

<練習内容>
Suite burlesqueではコンマスから宿題が出ました!皆さん覚えてますか??
「それぞれの曲のタイトルには意味がある」どんな意味か調べてね〜!というものでした。
ヒントは道化師の名前♪
・・・ということで、ちょっとだけ調べてみました。間違えてたらゴメンナサイ!

1.序曲
バーレスク組曲のバーレスクとはブルレスカとも呼ばれ、当時流行した一種の音楽劇。各々の曲に付けられた名前から、このバーレスクは道化劇であったと思われる。

2.スカラムーシュ
スカラムーシュは黒い衣装を着た道化。常にギターを持ち、ホラ吹きで臆病者な上に空威張りする。

3.ハレルキナーダ
ハレルキナーダというのはハーレクィン(Harlequin)という道化が登場する無言劇。ハーレクィンはフランスではアルルカンと呼ばれ、黒い仮面で小布をつぎ合わせたまだら模様の服を着ている。何かしらの棒持ち機敏な動作で曲芸を行う。

4.コロンビーナ
コロンビーナは小間使いの少女。元気で明るく浮気性である。

5.ピエロ
ピエロは白いだぶだぶの服を着て顔も白塗りの無知で純情な道化の役である。

6.メヌエット
7.メヌエットU

8.トルコのメズタン
メズタンというのも道化師の役のひとつ。いつも女に振られるもてない男。音楽が得意で楽器を持って歌う。

・・・と、こんな意味があるそうです。
少しは曲のイメージを共通理解するために役立つといいな〜♪

クリスマスのための4つのモテットでは、メロディーを同じ強さで吹くと音型によっては強く聴こえてしまうので、まずは一定に聴こえる演奏を目指しましょう!慣れてきたら強弱を意識できるようにしていきましょう!ということでした。
まだまだ見慣れぬ楽譜に悪戦苦闘していますが、練習を重ねるごとに曲らしくなっています。
合唱曲のように美しく演奏出来る日を夢見て♪

<課外授業?>
10月に千葉県内の小学校へ訪問することが決まり、練習を始めました。
今年で6回目(6年目)となります。今年もリコーダーを練習し始めたばかりの可愛い3年生と交流を持てることに感謝です。
伺う予定の小学校には、なんとメンバーのお孫さんがいるとか!おじいちゃんのカッコイイ姿を見て喜んでもらえるといいですね!

なーす
posted by ブログ管理人 at 23:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 活動日誌

2016年06月13日

2016/6/13 一人一人が、いい音を作ってみる

パート決定後,待ちに待った先生のご指導を頂ける初日でした。『定型のかえ指でなく,より適した指使いで自分の音を見つける』先生の胸の内に熱く込められている,UREに対するより高く,より深い音作りへの想い。探究心をかき立てられたご指導でした。

<練習曲目>
1 梁   邦彦        英国戀物語エマ
2 Francis Poulenc     クリスマスのための4つのモテット

<練習内容>
1について。EMMAは,スラーは,タンギングなしです。テナー高音のミのフラットの音について。『自分で,音を見つけましょう』と,先生の実演がありました。Memoryは,ワルツを意識しましょう。Cの部分に頻繁に出てくる,楽譜上,テナーパートに当たる,8分音符にあるテヌートの記号は,長くしすぎないように、そして,バスとの受け渡しの関係を聴きながら演奏しましょう。Curiosityは,スラー,スタカートの記号に注目。特に,スタカートは短く演奏しましょう。Dの部分については,パート別に,音程を確認しながら練習しました。
2について。各楽章ごとにCDを聴いてから,練習に入りました。各自練習するにあたって,ザアーッと通してやらない。やりにくい部分のみを取り出して繰り返す。一音一音できるようにする。楽譜を見ないでできるようにする。今までも,何度もお聞きしていることですが,今回の難曲。改めて基本のお話がありました。1楽章。冒頭部分、付点4分音符と8分音符の部分は,弾まない。随所に出てくる
16分休符は,」『分ける』意識を持って。1にpppと書いてあるが,決して弱くでなく,明らかに入っていきます。4の部分24小節からテナーがメロディになります。美しく,,,,,2楽章。8分音符,8分休符のフレーズがたくさんあるが,8分音符は,フッと切る様に。3楽章。バスパートの楽譜は,上の段が,バス。下は,コントラバスだそうです。4楽章。拍子が変化するので,正しくカウントしながら,最後まで吹きました。
<練習後の深いお話>
コンマスさんから,今日の先生のご指導の中で,とても大切なお話をされていました。と,丁寧により理解を深められるようお計らいを頂きました。『しみ込ませる程,参考に提示されている音源を聴く』こともお話し頂きました。一人一人の取り組み方は様々ですが,目指す方向を確かめられた貴重な時間になりました。
<連絡>
学校訪問演奏の練習予定が,担当の方からありました。自主練習日の9時半から10時。と,現時点では,予定しています。

Jupiterママ
posted by ブログ管理人 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2016年06月06日

2016/6/6 『楽器の日』でした

コンマスさんの指導による、自主練習日でした。
パート決定後初めての練習で新しい楽器デビューのメンバーの顔もチラホラ。曲毎に座席の移動があり,新鮮な感じでした。新生児が,日々成長する様に私たちUREも練習を重ねる毎に限りなく素晴らしい,豊かな音を響かせることが出来る様になるでしょう。
<練習曲目>
1 G.P. Telemann    Suite burlesque
2 梁    邦彦     英国戀物語エマ
3 Francis Poulenc   クリスマスのための4つのモテット   1、2

<練習内容>
1については,楽譜の訂正箇所が少しありました。使用楽譜を確認し,1から8まで通しました。
2について。Memoryの楽譜にはアルトパートがないので,テナーパートをアルトパート担当のメンバーが吹いてみました。
3については,コンマスさんがゆっくり,丁寧に,カウントをとりながら正しく読譜することにポイントを絞り,1,2のみ吹いてみました。
練習曲目毎に担当楽器が変わるメンバーが多いので,練習開始時に担当する全ての楽器のチューニングをするのはどうでしょうか?と,コンマスさんからお話がありました。

全体練習後,小学校訪問演奏の練習がありました。
<連絡事項>
1,事務局より,定期演奏会会場予約日が,7月1日に予定されていますので,予約に行って下さる方,どなたか?のお声がけがあり,即お二人のメンバーが,おひきうけくださいました。4月中旬から下旬で不都合の日がある方は,お申し出下さい。
2,お借りしている駐車場について。出来る限り,詰めて全員が気持ちよく利用させて頂ける様に,各自お心配りお願いします。
...ちょこっと…
『楽器の日』6月6日は1970年全国楽器協会によって制定されたそうです。古くから言われている『芸事の稽古始めは,6歳6月6日にする』という習わしに由来しているそうです。この日から始めると,上達が早いと言われています。UREでもパートが決定し,本日が稽古初めでした。この日に当たるとは….

Jupiterママ
posted by ブログ管理人 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2016年05月30日

2016/5/30 薔薇,皐月そして紫陽花も・・・

自主練習日でした。
日頃練習会場に使わせて頂いているお部屋が今日はコンサートホールに一変しました。コンマスさんが用意して下さった音源を皆さんで鑑賞しました。
なお,『クリスマスのための4つのモテット』の合唱用楽譜が配布されました。

<鑑賞曲目>
1 G.P. Telemann    Suite burlesque {多種多様の演奏}
2 梁   邦彦     英国戀物語エマ
3 Francis POULENC クリスマスのための4つのモテット

自宅で聴いている時の気持ちとはまるで違い,楽譜を見ながら聴いていると,UREのメンバーがもう既にそれぞれのパートを吹いているかのような様子が目に浮かんできました。次回定期演奏会に向けて展望がひらけてきたように感じました。

<各曲パート決定>
コンマスさんが用意して下さった各曲パート人数表を元に話合いが行われました。UREメンバーが一丸となって豊かな響きを求めての本格的練習のいよいよ始まりです。

jupiterママ
posted by ブログ管理人 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2016年05月23日

2016/5/23 真夏日でした。5月なのに

日比先生の指導日でした。

<練習曲目>
パート決定前の練習でした。
1 G. P. Telemann   Suite burlesqe
2 梁 邦彦       英国戀物語エマ
3 Francis POULENC  クリスマスのための4つのモテット 1及び3

<練習内容>
1については,新たにURE編曲の楽譜が配布され,今までの楽譜と吹き比べました。楽譜の選定は,後日になりました。

3については,次回定期演奏会に向けて熱いメッセージを頂きました。歌詞が元になっている楽譜で見慣れない書き方をしているため読みにくく,難しく感じる。年齢に関係なく進化していくことできます。歌の様に表現するのは難しいが,取り組んでみたらと。耳慣れない響きや,オシャレな感じ,pとf の差が大きいなど曲の魅力を存分にお話し頂きました。又、新しい楽器にも挑戦してみましょう、と,目を輝かせてメンバーに語りかけて下さいました。

<来週の予定について>
Suite burlesuqe/クリスマスのための4つのモテット の2曲の音源をコンマスさんが用意して下さり,全員で鑑賞する。
クリスマスのための4つのモテットの合唱用楽譜を配布する。それぞれの曲,個別でパートを決める。

<連絡事項>
メール係より。『季刊リコーダー』より2016年春号献呈のメールがあり,有り難く頂くと返信します。小学校訪問演奏希望曜日は,月曜日と,学校に伝える。次回,今までに演奏した曲の楽譜をお持ち下さい。

Jupiterママ
posted by ブログ管理人 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2016年05月16日

2016/5/16 震度4で一時中断

 コンマスさんの指導による自主練習日でした。

<練習曲目>

 1 G.P.Teiemann Suite burlesque
  2 梁 邦彦    英国戀物語エマ
  3 Francis POULENC クリスマスのための4つのモテット

<練習内容及び雑感>

1、2の2曲は,先週とパートを変えて吹いている方もチラホラ。
通して練習しました。

3の曲は昨年度コンマスさん編曲で用意されていた曲で再び取り組んでみましょう、と。

一番易しそうな3から始めましたが・・・・

『むずかしい』の表情も見受けられましたが,『何回か練習してみましょう』と歩み始めました。

みなさんにパート譜が配られました。

新年度になりまだパートが決まらない時。

席替えしたあるクラスの新学期の風景のよう。

曲の合間でのおしゃべり、新しい曲に取り組むトキメキ。

メンバーの顔がなおいっそう輝きを増している様に感じます。

笑顔がいっぱい溢れ,メンバー間のコミュニケーションも深まり,より美しい響きを生み出す大事な時期のように思います。

総譜を見ながらの練習。出来るだけ曲の全体像をつかめる様にして行けたらと,音程そっちのけ,ついていくのにアタフタの私の思いです。

昨年度秘密の部屋にアップされている『クリスマスのモテット』の音源を改めて聴いて,此の美しさをリコーダーで表現できたら何て素晴らしい。力のない私の軽はずみな望みです。

<報告>
I さんのご尽力に寄る28回定期演奏会のアンケートの集計が済み,メンバーにWeb配信されましたが,希望者には紙面の配布もされました。

本当に素晴らしい!皆さん絶賛。

<連絡>

I さんより数年来行われている小学校での演奏依頼のお話がありました。

『メンバーの皆さん是非ご参加を』の声に10人以上の賛同があり,又励みになる良い機会を頂くことが出来ました。

小学校関係者の皆さん,」そしてUREの実績を積まれて来て下さったメンバーの方々に感謝します。有り難うございます。


       Jupiterママ
posted by ブログ管理人 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2016年05月09日

2016/5/9 指導日

練習曲
Telemann Ouverture-Suite
梁 邦彦 英国戀物語エマ

先日行われた日比先生の”フランスバロックの夕べ”コンサートで、先生の美しい音楽に触れ、リコーダーへの想いを新たにしたところで臼井リコーダーアンサンブルも新年度の練習がいよいよ始まりました。

本年度の曲はなんとアニメ音楽の”英国戀物語エマ”とTelemannの”Ouverture-Suite”です。例年通り全曲をザッと通しましたが2曲ともとても美しい曲です。
これから臼井流にどういう曲に仕上がっていくのか楽しみです。

練習終了後、毎年恒例の役員改選を行い新しい役員が決まりました。皆さんどうぞよろしくお願いします。

尚、事務局から今年度の佐倉リコーダーフェスティバルは来年の2月25日(土)に開催決定との連絡がありました。定演直前ですね。今までとはちょっと違った音楽会になるのではないかと期待する反面、秋の飲み会が無くなってしまいました。是非代わりの飲み会を開催してもらいたいです。

練習中、先生から”今年の定演は今までで一番良かったとの意見が多いんですよ”と教えていただきました。来年はもっと素晴らしい定演になるように、メンバーの皆さん頑張りましょう。


GATCHAMAN
posted by ブログ管理人 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2016年04月23日

2016/4/23 第28回定期演奏会

臼井リコーダーアンサンブル第28回定期演奏会
〈演奏曲目〉
カンツォン
鳥の歌
小グループ
  Yesterday ・ Yesterday once more
  G線上のアリア ・ 軍隊行進曲
  小さな世界 ・ マンボNo5

ノルウェー民謡
組曲ホルベアの時代より

今日は待ちに待ったというか、ついに来てしまった定期演奏会!
一年間頑張って練習してきた成果を思う存分出しきれるかどうか

はやる気持ち?を抑えきれず、集合時間より30分も早く着いてしまいました。
音楽ホールはまだ閉まっていて入れずじまい。そうか!9時からしか開かないから集合9時だったんだ!

午前中受付、舞台の準備、そしてリハーサル
舞台に飾られるお花がまた素晴らしいです。
色々な方々のご協力を得てこの演奏会が成り立っているのだと改めて感じております。

早朝よりご準備いただきました関係者の皆様ありがとうございました。

午後2時より開演です
なんとなく昨年よりお客様が多く感じるのは気のせいでしょうか?
全体としては滞りなく無事に終了致しました。
個人的には反省点多々ありですが・・・ 
今年は団員のくじ引きでの司会は演奏に負担がかかり過ぎるので、Oさんにお願いすることになりました。

Oさんの可愛らしい素敵な司会のおかげで、演奏に集中できプラスα効果もあったと思います。ありがとうございました。

わざわざ足を運んでご来場いただいたお客様、応援して下さった方々ありがとうございました。励みになります。
また、「リコーダーという知らない世界の素敵な発見があった」「音色がこんなに素晴らしいとは思わなかった」「また聞きに来たい」等々の好意的な感想を頂き、とても嬉しかったです。

これというのも、日比先生の温かく、丁寧な解りやすいご指導の賜物だと思います。ありがとうございました。そして来期もまたよろしくお願い致します。

演奏会終了後は恒例の反省会。
今日の録画見たり、即席アンサンブル演奏でちょっとしたミニコンサート
お酒が入っているとは思えない、メンバーの皆さんの格調の高さが伺えます。
飛び入りでファゴット演奏まで聞かせて頂き得した気分です。


次回の練習は5月9日でしばらくお休みです
来期の楽譜も一部配られました。良いスタートが切れるように心身共に癒しておきましょう!
本日は本当にお疲れ様でした

robin♪
posted by ブログ管理人 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2016年04月18日

2016/4/18(指導日)

先生の指導で定期演奏会前の最後の練習です
プログラムの流れで練習していきました

Canzon Septimi
左右に分かれて吹く配置の確認、ハの字に真ん中を空ける

鳥の歌
会話している感じで

ノルウェー民謡
リラックスして
ソロのところは和音を気にして

ホルベアの時代より
それぞれ細かいところを 注意して吹きました

連絡次項
当日は9時に音楽ホール集合
カンツォンの配置について 説明するタイミングをどうするか
ノルウェーの後に楽器紹介

流れを確認していきました

最後に小グループの練習

いよいよ土曜日は定期演奏会一年かけて練習してきたことをちゃんとやって楽しい演奏会になりますように

posted by ブログ管理人 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2016年04月14日

第28回 定期演奏会 告知

FB_IMG_1454598290832.jpg





臼井リコーダーアンサンブル 第28回 定期演奏会を開催致します。

日 時 :2016年4月23日(土)
     13:30開場  14:00開演
場 所 :佐倉市民音楽ホール
      京成臼井駅より徒歩4分
演奏曲目:組曲 ホルベアの時代より(E.グリーグ)
     第7旋法による8声のカンツォン(G.ガブリエリ)
     鳥の歌(C.ジャヌカン)
     他

入場無料です。
私達の日頃の練習の成果をぜひお聴きください。
リコーダーの音色の美しさや可能性、魅力を感じて頂けるように、メンバーが一丸となって頑張ります!!


なーす


posted by ブログ管理人 at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2016年04月11日

2016/4/11(自主練習日)

今日は連チャンで自主練習です。
昨日の集中練習の疲れが出ていませんか〜?
小グループの前に気になるところを少し練習することになりました

ホルベアの時代より
4.Air
音程の調整を細かく行いました。

連絡事項
小グループの時の背景の色を決めておく

各グループに分かれてそれぞれ練習

定演まであと2週間を切りました
練習はあと1回のみ
本番に向けて体調と心を整えていきましょう!

robin♪
posted by ブログ管理人 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2016年04月10日

2016/4/10(集中練習日)

先生の指導で定期演奏会の演奏する曲順で練習しました

Canzon Septimi
鳥の歌
小グループ
イェスタデイ
イェスタデイ ワンスモア
G線上のアリア
軍隊行進曲
小さな世界
マンボNo.5
ノルウェー民謡
ホルベアの時代より

カンツォンは教会をイメージして左右に分かれ対面して吹くように椅子の配置を確認しました
掛け合いを意識して

小グループは時間の都合上頭のところだけ吹いて流れを確認しました

最後に大きな古時計

全体を通して曲の時間、司会のお話しを入れての時間をみました

先生から曲を吹く前に曲のイメージをしてから吹くようにと指導をうけました

椅子の座りかたについて
改めて浅く座るよう
楽器に体を合わせるのではなく自分の体に楽器を持ってくるように

長い時間お疲れ様でした

 楓
posted by ブログ管理人 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2016年04月04日

2016/4/4(自主練習日)

定期演奏会の演奏する曲順で練習しました

Canzon Septimi
和音を意識して
高い音の音あわせをしてから
鳥の歌
ノルウェー民謡
自由に吹くソプラノにあわせないでテンポで吹くように
大きな古時計
メロディはたっぷり
八分音符のところは掛け合いになるように

小グループの練習をしました

連絡事項
司会さんから小グループから一人インタビューお願いしますとのこと

楽器紹介の曲の確認
プログラムの確認
朝日新聞に掲載 4/13
4/10は1時から5時の練習です

posted by ブログ管理人 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2016年03月28日

2016/3/28(指導日)

定期演奏会まで1ヶ月をきりました
練習も残すところあと数回です
今日は小グループの練習をそれぞれ先生に指導して頂きました

最初にグループ
G線上のアリア
軍隊行進曲
全体で
Canzon Septimi
鳥の歌
ノルウェー民謡
ホルベルグ組曲4楽章
を練習しました

グループ
小さな世界
マンボ

イェスタデイ
イェスタデイワンスモア

定期演奏会の連絡事項の確認がありました
CATVの録画時間をどうやるか話し合いました
司会の方へのお礼について


posted by ブログ管理人 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2016年03月14日

2016/3/14(自主練習日)

練習曲

カンツォン
カンツォン純正律編曲版
鳥の歌
ホルベルグ組曲全曲

今日の練習はいつもとちょっと趣が違いました。先日、先生がおっしゃられていた純正律についてメンバーが判りやすいように、カンツォンをコンマスがわざわざ編曲して楽譜を作ってきてくれました。それに基づいて和音を確認しながら演奏しました。純正律と平均律の理屈は判らなくても、音の違いは私も含めて皆さんなんとなく理解できたのでは? 何よりメンバーのためにまたまた骨を折ってくれたコンマスに感謝です。

posted by ブログ管理人 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2016年03月07日

2016/3/7(指導日)

雨が降っていましたが暖かい夜、日比先生の指導日でした

ノルウェー民謡による変奏曲
Holberg Suite
Canzon Septimi
鳥の歌
を練習しました

チューニングの仕方を丁寧にやってみました
ノルウェー民謡は肩の力を抜いて吹いて下さい

Holbergの5楽章で楽譜の変更がありました

先生が1、2楽章の録音をされました

定期演奏会の連絡事項の確認がありました
3/21はお休み
3/28は小グループの指導を 先生にみて頂く予定
広報さくら 4/15に掲載

最後はグループに分かれてそれぞれ練習しました

posted by ブログ管理人 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2016年02月29日

16/02/29(自主練習日)

今日は自主練習です

1.Canzon Septimi
2.鳥の歌

チューニングの方法の確認
オーケストラのように1つの音で合わせるのはどうか?

Canzonでは、お互いの音を聞きましょう的な練習
自分のパートを吹く事で精一杯だったので、他のパートの音を聞こうとする良いきっかけになりました。

テンポの確認
注意しなければいけない部分でやはり吹くだけで追われ、他のパートの音のからみとか改めて気が付かされました。

こんな事書くと今頃?と思われそうですが〜

鳥の歌では、鳥のさえずりは、よりコンパクトに短く、そしてカッコーは距離感をもってはっきりと等の注意がありました。

連絡事項の後、グループ練習

連絡事項

・司会の方への謝礼について
・アンケートのフォーマットの変更希望があれば
・プログラムの用紙について

robin八分音符
posted by ブログ管理人 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2016年02月22日

2016/2/22 指導日

練習曲

HOLBERG SUITE より
 PRAELUDE
 SARABANDE
 Air
 Rigaudon

Variation on a Norwegian Folktune,Op.31

Canzon Septimi Toni a 8,(2nd of 1597)

Le Chant Des Oyseaux (鳥の歌)

 
 定演まで指導日もあとわずか。皆さんの練習にも熱が入ってきました。
 演奏していて”音”が随分まとまってきたように感じます。今まではバラバラの方向に散らばっていた音が、一つの曲になってきたような…そんな印象を受けました。個人的には曲にどう表情をつけていくかが課題です。
”ゆらゆらひらひら”や”のっぺり”といった先生独特の表現方法やクレッシエンドにデクレッシエンド、アクセントやスタッカート、出来ているつもりでも後で録音を聴いてみると以外と出来ていないものです。

 先生の指導の終了後は小グループの演奏順についての話し合い、その後グループに分かれての練習になりました。

 それから…少しづつですが定演の司会の台本を書いています。作成にあたり、資料を提供していただいたり、声を掛けていただいたり。本当に有難うございます。

 今日はインフルエンザでお休みの方がいらっしゃいました。この時期に大流行とは困ったものです。来週は元気な姿を見せてくださいね。そうぞお大事に。



                                                       GATCHAMAN

 
posted by ブログ管理人 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2016年02月15日

2016/2/15(自主練習日)


コンマスさんの指揮で
Holberg Suite
Canzon Septimi
を練習しました
Holbergの5楽章でバス、コントラバスの楽譜に追加がありました

定期演奏会の連絡事項の確認がありました
グループの曲目、グループリーダー、演奏する順番など

最後はグループに分かれてそれぞれ練習しました


posted by ブログ管理人 at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2016年02月08日

2016/2/8 (指導日)

日比先生の指導日でした

Canzon Septimi
鳥の歌
ノルウェー民謡
Holberg Suite
 5 rigaudon
 4 air
 3 gavotte

それぞれのパートの注意する部分、吹き方等の指導を受けました

先生の帰られた後は、連絡事項の伝達とグループごとの練習です。

連絡事項
・司会  
 メンバーの方のお嬢さんが快く引き受けて下さいました。 よかった!
・ポスターが出来上がったので掲載場所の確認と分担
・プログラム
 今年は「先生への一言」というテーマで45文字以内でお願いしますとのこと
・集中練習
 先生のご都合で4月17日から4月10日に変更とのこと
 時間は1時から
 そのため
 11日は自主練習 
 18日を指導日に変更予定
robin八分音符
posted by ブログ管理人 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌