2017年05月29日

2017/5/29  パート決定に向けて!

今日の練習では、コンマスの指揮のもと、パート決定に向けて、定演の候補曲を一通りさらいました。楽器を持ち替えながら、想定されるテンポで演奏することは一苦労です。新曲に取り組んで日が浅いので、皆さん、目を白黒させながら、汗だくの様子。室温も一気に上がりました。エアコンもフル稼働です。演奏曲、パート決定等、例年に比べて早い進行で、出だし好調です。


<練習曲目>
1 Franz Joseph Haydn   Symphony No,97 in C   1楽章  4楽章
2 Isaac Albeniz       Sevilla                 
3 Vaughan Williams    『富める人とラザロ』の5つのヴァリアント

<レッスンノート>
「5つのヴァリアント」の演奏に慣れるために、基調となるロ短調のスケールを何度も練習しました。音程や指遣いに気をつけて、繰り返し練習することが大切です。


<パート決定に向けて>
先週話し合った、ステージ構成、曲順について再度確認しました。「楽器紹介」や曲間に、楽器持ち替えのタイミングが取れそうです。今日配付された総譜を参考にして今週末までに、パート希望をコンマスまで伝えることになりました。

<配布物>
・ハイドン「シンフォニー」97番の総譜(3楽章・4楽章)
・ヴィヴァルディ「コンチェルト」1楽章の総譜
・5つのヴァリアント「正誤表」 (総譜は次週配付予定)


MB
posted by ブログ管理人 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2017年05月22日

2017/5/22 次期定期演奏会の準備加速!

2017/5/22  次期定期演奏会の準備加速!

先生の指導日でした。
今日は、新たにハイドンのシンフォニー97番3楽章「メヌエット」、ヴィヴァルディの「リコーダーコンチェルト」に取り組みました。
「リコーダーコンチェルト」は、先生の華麗なるソロについていくのがやっとの状態でしたが、皆さんヴィヴァルディの魅力に取りつかれたような面持ちでした。 2楽章、3楽章が楽しみです。
練習が進むうちに、練習会場は熱気を帯びてきましたが、決して夏日が続いているせいではないようです。定演にかける皆さんの思いが、室温を上げたように感じました。

<練習曲目>
1 Franz Joseph Haydn      Symphony No,97 in C  1楽章 3楽章 4楽章
2 Antonio Vivaldi         Concert for Recorder in D 1楽章
3 Vaughan Williams       『富める人とラザロ』の5つのヴァリアント

<レッスンノート>
1 について
 ・前打音は急がないで、大事に丁寧に吹きましょう。
 ・スラーは基本的にタンギングをしない。スラーとスタッカートが同時に記載されている場合は、全部タンギングをつけましょう。

<第30回定期演奏会に向けて>
練習終了後、演奏曲、ステージ構成について意見交換を行い、曲順について一つの案を確認することができました。今後、先生のご意見を伺いながら、決めていこうということになりました。
(案)
1 小曲:候補曲としてヘンデルの「アレグロ・モデラート」
2 『富める人とラザロ』の5つのヴァリアント 
3 リコーダーコンチェルト
4 セヴィーリアを含むアンコール特集(仮題)
5 ハイドンのシンフォニー97番

<ロビーコンサート出演について>
佐倉市役所より要請があり、6名(予定)のメンバーが出演することになりました。
・日時:6月30日(金) 午後12時15分から30分間
・場所:佐倉市役所1号館1Fロビー
・演奏曲: 「エマ」から第1曲 「涙そうそう」(予定)


MB
posted by ブログ管理人 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2017年05月15日

2017/5/15 第30回定期演奏会会場と開催日決定!

コンマスさんの指導日でした。

前半は、先週に引き続いて、「ボーン・ウイリアムズ」の曲に取り組みました。

拍子の変化に戸惑いつつも、英国風の旋律の流れや美しいハーモニーを味わうことができたようです。

後半は、来年度の定期演奏会について話し合いがもたれました。おおよその方向性が確認され、6月末を目途に、演奏曲、パート、ステージ構成などを決めていこうということになりました。

最後に、「ハイドンの交響曲97番1楽章」を通して演奏し、パートの希望を募り練習が終了しました。

練習終了後、メンバーが数名残り、自主練習や楽譜の整理をしている時に、来年度の定期演奏会会場と日時決定のメールが届きました。一瞬どよめきがおこり、喜びの渦が広がりました。私たちの熱き思いを、ミューズの神々が認めてくれたようです。ホール選定、申し込み手続き等に都内を奔走してくださったHさんとOさんに感謝の気持ちでいっぱいです。これからの練習に、ますます力が入ることでしょう。


<練習曲目>

1 Vaughan Williams        『富める人とラザロ』の5つのヴァリアント
2 Franz Joseph Haydn      Symphony No,97 in C   1楽章


<第30回定期演奏会>

期日 ; 平成30年6月2日(土) 開場、開演時刻未定

会場 ; 「かつしかシンフォニーヒルズ」 アイリスホール(客席数289席) 

交通アクセス ; 京成電鉄「青砥駅」徒歩5分 「立石駅」徒歩7分



MB
posted by ブログ管理人 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2017年05月08日

2017/5/8 第30回定期演奏会に向けて,スタート!

メンバーそれぞれ充電期間を過ごし,愛しい居場所に戻ってきました。玄関を開けると,『アッこれは?もしかして』の香りが。目の前のジャーマンアイリスがメンバーの到着を心待ちしてくれていたかのように咲き誇っていました。用意して下さった家主さんのお計らいに感謝です。私たち臼井リコーダーアンサンブルのメンバーは,こんな恵まれた環境の中で又新たな一歩を踏み出しました。ご指導をして頂く日比先生からは先日の定期演奏会についてお褒めの言葉をたくさん頂きました。CD製作おすすめのお話や,他国のグループとの交流のお話まで聞かせて頂きました。これからの練習に対する意気込みになお一層の拍車が掛かりました。会場主さんであるK.Hさんより休会のお話がありました。さみしい気持ちは否めませんが,K.Hさんが音楽をこよなく楽しまれていらっしゃるあの表情が,私たちの演奏に大きな力を与えて下さるに違いないと,信じています。ちょっとだけお休みして又,すてきな音を聴かせて下さるでしょう。今期の役決めも次々されました。色々な役割を経験する事でメンバー間のコミュニケーションも深まり,より豊かな響きを届けられる源になることでしょう。早速新しい楽譜が次々配布され、日比先生から今期初のご指導を頂きました。


<練習曲目>
1  Franz Joseph Haydn      Symphony No,97 in C   1及び4楽章

2  L,アルベニス          セビーリャ

3  Vaughan Williams       『富める人とラザロ』の5つのヴァリアント(異版)



<用意された配布物>
第29回定期演奏会DVD,ブルーレイディスク及びCD
アンケート集計結果プリント
会計報告プリント



        Jupiterママ
posted by ブログ管理人 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2017年04月22日

2017/4/22   臼井リコーダーアンサンブル第29回定期演奏会

プログラム

 第1部
 
   *英国戀物語エマ第2幕より
         梁   邦彦  (金子健治編曲)

     1、エマ
     2、メモリー
     3、ノスタルジア
     4、キュリオシティ

   *クリスマスのための4つのモテット
         F.プーランク

     1,おお,大いなる神秘よ
     2,羊飼いたちよ,汝らの見たものを語れ
     3,星を見て
     4,今日キリストはお生まれになった

   *交響曲第5番(運命  第1楽章)
         L.V.ベートーヴェン

              〜休憩〜

 第2部

   *日本民謡メドレー
         (金子健治編曲)

   *フォスターソング・ファンタジー
          S.C.フォスター(後藤洋編曲)

   *組曲ブルレスク
          G.P.テレマン

     1.序曲
     2.スカラムーシュ
     3.ハレルキナーダ
     4.コロンビーナ
     5.ピエロ
     6.メヌエット1,2
     7.トルコのメズタン


  

  たくさんのお客様が佐倉市民音楽ホールに足を運んで下さいました。
  日頃の指導日は勿論,本日も又,日比先生マジックが功を奏し1年間練習してきた成果を発揮しメンバーが心から楽しんで演奏でき,お客様に楽しさを伝えることが出来た様でした。
  皆様より心からの拍手を頂いたり,ホール中に笑いが起こったり,メンバーとお客様が一緒に作り上げる事ができたすばらしい演奏会になりました。
  『いろいろな曲が聴けてよかった。』との感想が頂けました。『1曲1曲精度の高い演奏ができたからこその反響です』と,打ち上げの席で日比先生からお話がありました。
  今回の司会,進行を担当してくださったIさん,Tさん。お二人それぞれの持ち味をたっぷり表現され拍手大喝采でした。
  お疲れさまでした。


  本日は,次期定期演奏会の幕開けの日でもあります。打ち上げ時に『セビーリャ』の楽譜が配られ早速,数名のメンバーによる初見演奏が行われました。



          Jupiterママ
posted by ブログ管理人 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2017年04月17日

2017/4/17       日比先生ご指導日

日比先生のご指導を頂く本日は,今期最後の練習日になりました。
『お願いだから,雨,風暴れないで』と,祈りたい程春先の練習日は荒れた天気に見舞われました。そして,今日も又、叩き付ける雨。
悪天候の中でもメンバーは集い,7時ピッタリに『運命』からご指導頂き始め,7時半の定刻よりプログラムに沿った全曲をご指導頂きました。



<練習曲目>
1 梁    邦彦       英国戀物語 エマ
2 Francis Poulenc      クリスマスのための4つのモテット
3 金子健治編曲        日本民謡メドレー
4 Foster           Foster Song Fantasy
5 G.P. Telemann       Suite burlesque
6 BEGIN           涙そうそう


*昨年の定期演奏会終了後の打ち上げの場で配られた『英国戀物語エマ』に始まり,続々プログラム曲が決定し,練習を積み重ねて来ました。新しい曲にワクワク,初めて手にする楽器にドキドキ。迷いや不安だらけの大きな壁がいくつもありました。練習を終えてみると,難しい事に挑んでよかった。と,思っています。いつも穏やかにご指導して下さった日比先生本当に有り難うございました。後は,前日しっかり練習して,ステージの上で心から楽しんで演奏したいと思います。




         Jupiterママ
posted by ブログ管理人 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2017年04月10日

2017/4/10 シミュレーション

プログラム進行を基にメンバーのステージ登場から,終演の『礼』までをシミュレーションしてみました。それぞれの時点でマイクを持っている方を確認したり,先生が出入りされる状況を理解し合ったりしました。『それは,こうした方がいいよ。』と,メンバーから活発,ユーモラスなコメントが続出し,爆笑。当日,『思い出し笑いにご注意を』でした。


<練習曲目>
1 BEGIN       涙そうそう
2 G.P.Telemann    Suite burlesque  8,6,5,4


<練習内容>
1について。良くでてくる、16分音符と付点8分音符。付点8分音符と16分音符の吹き方の確認をしました。
2について。テンポは本番どういうようになるか分かりません。しっかり,指揮に従いましょう。


<運命>
テンポが緩んでゆっくりになってしまう所を,練習しました。


12日には,プログラムの印刷を有志の方がして下さいます。
お骨折り有り難うございます。よろしくお願いいたします。
シミュレーションした結果を元にホールに交渉に出向いて下さるHさん宜しくお願いいたします。

来週の先生のご指導日を終えると,本番です。くれぐれも,それぞれが体調管理を怠らず、万全な状態で22日を迎えましょう。



        Jupiterママ
posted by ブログ管理人 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2017年04月09日

2017/4/9 集中練習日

午前中から降り始めていた雨は,満開のサクラ,そして競って咲き誇っているチューリップの花にも遠慮無し。菜種梅雨は,これから咲く花に恵みの雨になるそうです。今日の集中練習は,メンバー各々が、『より精度の高い演奏を』と,残り少ない日々の総仕上げの課題をガッチリ掴めた充実の4時間になりました。当日の衣装の一部を持ち寄り検討したり,和気あいあいの場面もありました。日比先生長時間お疲れさまでした。


<練習曲目>
1 梁   邦彦       英国戀物語  エマ
2 Francis Poulenc     クリスマスのための4つのモテット
3 ベートーヴェン      『運命』
4 金子 健治        日本民謡メドレー
5 Foster          Foster Song Fantasy
6 G,P. Telemann      Suite burlesque
7 BEGIN          涙そうそう

司会者の方と日比先生が進行の確認をしながら、それぞれの曲を演奏しました。『日本民謡』では,締め太鼓,ささら、こきりこが加わりました。コンマスさんが何週にもわたって締め太鼓の朱色のひもを締め,皮の張りを調整して下さっていました。『Foster Song Fantasy』には,パンチのきいたスネアードラム,ユーモラスなウッドブロックが入り楽しさ倍増しました。


楽譜に書き込んである多く留意点は,それぞれが頭の中を駆け巡る様々な場面に結び付きます。今まで,日比先生からご指導頂いた事,コンマスさんからお話頂いた事,メンバーの方からそっとアドバイス頂いた事。全て頂いた事を定期演奏会で存分に発揮し,聴きにきて下さる方々のハートに火をつける演奏が出来る様,残された日々なお一層緊張感を持って総仕上げしようと,思いました。


深夜には本日の録音が掲示板にアップされました。聴きながら,雑記帳原稿書いています。改めて,コンマスさんの様々な行為に感謝します。有り難うございます。



      Jupiter ママ
posted by ブログ管理人 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2017年04月03日

2017/4/3  いよいよ,4月です

メンバーが練習会場に向かう道中,雷や,強い雨に見舞われました。年度始めで仕事の調整がつけられない,体調を崩してしまった等で,残念ながら全員出席にはなりませんでした。各曲の座席が決定され,ちょっと緊張した空気が漂いました。『日本民謡メドレー』「Foster Song Fantasy』には,太鼓や,小太鼓も登場しました。


<練習曲目>
1 梁   邦彦      英国戀物語  エマ
2 金子  健治 編曲   日本民謡メドレー
3 Foster         Foster Song Fantasy
4 BEGIN         涙そうそう


<連絡>
*4月9日集中練習日は,午後1時音出しです。
*プログラム掲載『想い出の曲は?』締め切り4月9日までに再延長します。
*利用させていただいている駐車場は、最徐行運転でお願いします。




        Jupiterママ
posted by ブログ管理人 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2017年03月27日

2017/3/27 朝,雪が,,,,

東京のソメイヨシノ,開花宣言が発表されたのですが,今朝,千葉県北西部では,雪が舞い散りました。4月を目前にしての気温の低さに驚き,なお一層,桜の花を見上げたい気持ちが募ります。2週間ぶりの練習日で、日比先生のご指導を頂きました。何時もより30分早い7時に『運命』のご指導から始まり,第29回定期演奏会まで残すところ僅かの練習風景は緊張を増してきました。


<練習曲目>
1  Francis Poulenc      クリスマスのための4つのモテット
2  G, P. Telemann       Suite burlesque

<練習内容>
1について。参考音源で聴いたイメージを離れ,「言葉を,コンパクトに』の演奏にしましょう。各人,『旋律と共に何をしたらいいか』のお言葉を頂きました。
2について。8曲目。ダカーポし,最初に戻った後のテンポを、アップした演奏をしてみました。

<放課後練習>
コンマスさんが,『涙そうそう』メロディを吹いてイメージを示して下さいました。
1 BEGIN    涙そうそう
2 Foster    Foster Song Fantasy


*連絡*
 1プラグラムに掲載する『想い出の曲は?』に付いて。4月3日まで締め切りを延長します。
 2アンケート原案についてのご意見を来週までにお寄せ下さい。
 3司会担当者から進行について大まかな流れのお話がありました。それと共に,各曲座席位置の検討がされました。
 4今回の演奏会には,舞台のお花の用意が今まで通りには出来ません。衣装でメンバー自身それぞれ,『赤』を身につける様にしましょう。4月9日の集中練習日に全体の色取りが掴める様に,用意しましょう。


『運命』
日比先生から,ご指導頂きました。
生きた音の流れで『うた』にする。
それぞれのパートの受け渡し,テンポ感を保つ事。先生の迫力,メンバーの熱演,相まっての空間。思わず,聴いていた私の手に汗が,,,




      Jupiterママ
posted by ブログ管理人 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2017年03月13日

2017/3/13 様々な支えで

いつもより30分早く『運命』のご指導が始まり,次回定期演奏会使用希望するホールへの提出CDをつくるための録音をしました。先生始め,機材をご用意して下さる方,使わせて下さる方の寛大なご配慮を頂いた中,充実した日比先生の指導日を終えました。そして,今回もHさんが再度CDを持って,申し込みに出向いて下さる事を,お引き受けして下さいました。



梁  邦彦  英国戀物語エマ  録音しました。どうかこのCDを聴いて下さる担当の方の心を揺さぶり,『審査が通ります様に』と,願いを込めて,演奏しました。


<練習曲目>
1  Francis Poulenc        クリスマスのための4つのモテット
2  G,P. Telemann         Suite burlesque
3  BEGIN            涙 そうそう

<練習内容>
1に付いて。第4曲にソロの箇所が決まりました。それぞれのパートで確認お願いします
2に付いて。1曲目全パートが16分音符で動く部分を取り出して練習しました。8曲目の7,8,及び9小節の2分音符と4分音符の間は落ち着く。息をとりましょう。
3に付いて。先生がお帰りになられた後,自主練習しました。

<運命>
『深く考えず,当たり前に吹いて下さい』という,先生のお言葉。深いですね。放課後練習では,先生からご指導いただいた中で示された『音を合わせて下さい』の箇所を重点的に練習しました。


*耳をすませて*
チラシ、ポスターをお願いに何カ所かのホールに出向きました。担当の方から,『佐倉市民の方が演奏されるんですか?』『いろいろなリコーダーあるんですね。』などの反響を頂き、『是非,ご都合つけて聴きにいらして下さい』と。当日の来場者になっていただけることを願うちょっと緊張する一瞬です。
来週は,祭日で練習はお休みです。先生の『今日の演奏はいいですね』次の指導日への更なる精進へ。本番のステージでの演奏の心構えで気を引き締めて練習しようと,思いました。



     Jupiterママ
posted by ブログ管理人 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2017年03月06日

2017/3/6 啓蟄が過ぎて

この季節の雨は、春の訪れを待っているもの全てに力強い応援をしているように思えます。啓蟄が過ぎ、定期演奏会を来月に控え,UREの練習は今まで以上に力が入ってきました。プログラム案,アンケート案が発表になったり,『曲毎の座席の発表はいつなのかしら?』と,気になったり,緊張感が増してきた自主練習日でした。


<練習曲目>
1  金子健治 編曲     日本民謡メドレー
2  Foster         Foster Song Fantasy
3  BEGIN         涙そうそう


<練習内容>
1,2共に今まで練習してきたことの再確認をしました。チョッとお久しぶりのためか、思わず演奏が止まってしまうアクシデントも。一瞬の笑いと笑顔はメンバーの心が一つになる効果大です。小物楽器が少しずつ仲間入りし始めました。プログラム順も、もう少しお試し練習してから決める事になりました。
3について。アンコール予定曲です。1回通して吹いてみました。この曲を吹き終えると『終演』どんな想いが真っ先に頭の中に浮かぶのでしょうか?


<お話し合い>
*先週に引き続き,次回定期演奏会使用ホール申し込みに付いて。申し込みに必要なCD作成のため次週練習の際,『英国戀物語エマ』の演奏を録音して用意してみましょう。と,意見がまとまりました。
*プログラム案,アンケート案の用意をそれぞれの担当の方がして下さいました。『検討して,ご意見お寄せ下さい』との事でした。プログラムに掲載するメンバーからの『想いでの曲は?』に付いて。今月中に45文字以内で担当の方にお願いいたします。
*司会担当の方から,『こんな感じでかんがえています』と,笑顔で報告がありました。

『運命』
短時間でしたが,次週の日比先生から頂けるご指導に備え練習しました。




      Jupiterママ
posted by ブログ管理人 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2017年02月27日

2017/2/27 掲示板ご覧になりましたか?

先週末木管フェスティバル出演,午後から『運命』演奏メンバーは先生のご指導をたっぷり頂き,そして,今日、日比先生の熱のこもった指導日でした。早く練習会場入りされていらっしゃった先生は,司会進行されるメンバー2人と楽しそうにお話し合いをして下さっていました。


<練習曲目>
1 G.P   Telemann   Suite burlesque
2 Francis Poulenc    クリスマスのための4つのモテット


<練習内容>
1について。ご指導頂いた事。1Ouverture,63小節、2拍目から,及び,65小節2拍目からのクレシェンド。74小節、Lentement遅くなりすぎない。79小節,3拍目の音は深い音で。2Scaramouches,10小節目、27小節目は一旦落ち着く。3Harlequinade曲冒頭から3小節目1拍までで,1フレーズ,3小節目2拍目から5小節目1拍までで1フレーズの捉え方を正しく。6,7Menuet,演奏順序決まりました。メヌエット1,2再びメヌエット1に戻り,2括弧で終わりです。メヌエット2,4分音符3つある小節は1拍目を強くせず,どれも同じ粒になる様に演奏しましょう。8Mezzetin,7,8,及び9小節にある2分音符は,落ち着く。54小節目リタルダンドして,最初に戻ります。

2について。4曲とも,パート別に吹いて,改めて,個人練習を積み上げないと。と,痛感しました。


<お話し合い>
何人かのメンバーが、掲示板に投稿して下さってありました,次回30回定期演奏会会場についてのお話し合いをしました。何時も,色々お世話役を担って下さっている,Hさんお二人の周到な準備で都内あるホールの申し込みに早速出向いて頂くことに決まりました。
審査の結果が出るのが楽しみです。

<運命>
25日木管フェスティバル当日午後,1時から3時までたっぷり先生のご指導を頂きました。演奏メンバーに入っていない私は、普段ご指導頂いている時とは違ったとても,勉強になるいい時間になりました。1にも2にも先生の忍耐強さ,寛大さを改めて感じました。そして,自覚する事,積み重ねる事,曲の中での自分の位置,役目を認識すること。他にも沢山,たくさん、タクサン。満腹になりました。
消化して栄養にできるようにしなければ。と。強く思いました。
そして,本日,演奏メンバーは、放課後練習に励みました。先生のご指導を思い出しながら,入りのタイミングを練習,随所にでてくるあの,『運命』のフレーズを歯切れ良く,軽やかに合わせることを心がけました。




        Jupiterママ
posted by ブログ管理人 at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2017年02月20日

2017/2/20 春2番

強風と雨。練習会場に到着するまでにぬれてしまった方,道中思わず握っていたハンドルに力が入ってしまった方,木管フェスティバル直前の練習に駆けつけるメンバーに、容赦なく春の嵐は暴れ回っていました。数人の都合がつかなく欠席のメンバーがいらっしゃいましたが,自主練習をしました。


<練習曲目>
1 G,P Telemann       Suite burlesque
2 梁  邦彦         英國戀物語 エマ


<練習内容>
1について。各曲毎に特に注意すべきポイントの再確認をしました。Overture、曲冒頭の入りは堂々と。付点8分音符と16分音符の組み合わせの部分は,流れてしまわない様に。Scaramouches,最初の1音に集中。Harlequinade、高音を軽やかに。自主練習日ならではの『一人一人吹いてみて下さい』ドキッ。終わってみればこの機会があったからこその有り難い場面。しかし,自分の番が回ってくるかも?の恐怖と緊張は何時も変わらず。どうしたらいいかわからないでいるメンバーに、『こうするといいですよ』と,寄り添った温かいアドバイスもしてくださるメンバーの方。よし,力を抜いて,きれいに吹ける様になりたい。Colombine,指揮のテンポ感をしっかり掴む。Pierrot,アウフタクトで始まっていること忘れずに。小節の頭の音はフレーズのおしまいの音。Menuet1,2,特に2はメヌエットのリズムに乗り,踊っているイメージで。
2について。25日の本番に備えて当日のステージ上での演奏を思い浮かべて,先生にご指導頂いた全て,自主練習で手にしたテクニックを出来る限り表現できるようメンバー全員楽しく練習しました。

<運命>
春の嵐なんて何のその。演奏メンバーは,パート間のリズムやメロディの受け渡しをスムーズにすることを練習しました。フェスティバル後の先生からのご指導を楽しみにしています。





        Jupiterママ
posted by ブログ管理人 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2017年02月13日

2017/2/13 ポスター,チラシお目見え,そしてプログラムも

ポスター,チラシがたくさん届いていました。メンバー全員出席。日比先生からご指導頂けた日でした。


<練習曲目>
1  梁   邦彦     英国戀物語  エマ
2  Francis Poulenc   クリスマスのための4つのモテット


<練習内容>
1について。木管フェスティバル前,最終のご指導を頂きました。この曲に取り組みはじめてからを振り返ってみると,音程,表現,テンポ感を日比先生マジックトークで勇気付けて頂きながら,難所をクリアーしてきた感があります。本日の先生の気迫のこもった指揮からメッセージをしっかり受け止め,朝,早い本番のステージを想像しました。

2について。第3曲目から練習に入りました。CDを聴いていた曲のイメージをまねるのではなく,自分たちの曲にしていきましょう。テンポを今までよりずっと速くしました。曲全体,楽譜から目を離し、もっと,フレーズのかたまりに留意し,『歌に,していきましょう』


*連絡事項
1 木管フェスティバル当日の日程について。
2 定期演奏会ご案内葉書の宛名書き,発送について作業に掛かります。


*お話し合い
1 コンマスさんからプログラム案2つが提案され,それぞれの案の説明がありました。結果,2案に決定しました。
2 定期演奏会の司会者が抽選で決定しました。今回は2名になります。


<運命>
通常練習より30分早く演奏メンバーが集まり,練習が始まりました。練習を聴かせて頂いていた私は,まさに,みなさんリコーダーに命を吹き込んでいると,感じました。又,全体練習終了後、放課後練習もしました。



        
          Jupiterママ
posted by ブログ管理人 at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2017年02月06日

2017/2/6 ストックと金魚草


定期演奏会までの練習回数が一桁になる月に入りました。練習会場に使わせて頂いているH様宅の広い玄関に、ストックと金魚草がお目見え。待ちに待った恒例の花の姿と香りに一瞬立ち止まり,深呼吸。メンバーの皆様もお花をご用意して下さっていらっしゃる家主さんからの温かい心からのメッセージを受け取られた事でしょう。有り難うございます。房総からのお花たちも加わり,定期演奏会に向け確かな歩みを実感した自主練習日でした。


<練習曲目>
1 Foster      Foster Song Fantasy

2 梁 邦彦     英国戀物語 エマ


<練習内容>
1について。Cの部分。各パートにある2分音符は,2拍分吹きましょう。Fの部分。以前からお話し頂いている事,勿体ぶる,急がないで,などのポイントを再度おさらいしました。Hの部分。指揮を良くみて、拍に乗って吹きましょう。I,Jにあるテナーパート。付点2分音符,ファ、シャープの音程,各自確かめましょう。P部分。141小節は,デクレシェンド。142小節冒頭の付点2分音符はメゾピアノ,もしくは,ピアノで。次の4分音符はフォルテで吹きましょう。ウッドブロックが加わると室温がアップ?担当のOさんのお人柄?ウッドブロックの音色?両方ですね。勿論,メンバーの楽しい演奏があっての事です。

2について。Curiosityから練習に入りました。どうしたら,気持ち良く揃った演奏になるかと,コンマスさん考案による練習法が,今回も登場。曲中に何度も出てくる8分音符の連続している部分。ドソドソソソソソ。スラーのついているドソドを吹かない無音にして,残りのソソソソソのみを吹く。何回も繰り返すうちに遅れなくなり,揃ってきました。よくなっていく過程が嬉しいです。Cの部分1拍前から18小節まで取り出し,練習。改めて,他のパートの方の難しさに,『わっ、良くできるな』と,感心したり,まさに,大事な音なんだ。と,再認識したり,やればやるほどもっと,もっとがあちこちに。Dの部分。テナーの高音ラのフラット各自音程確かめましょう。


<お話し合い>
定期演奏会の司会、進行についてのお話し合いがありました。メンバーそれぞれ意見を出し合う事に寄って,様々な想いや,考えをくんだ定期演奏会になる情景が描かれ始めてきました。木管フェスティバル当日午後は,日比先生に『運命』のご指導をいただくことに決まりました。演奏しない方は練習を聴く参加、フェスティバルをもっと聴く,都合で別行動も。と,いうことになりました。フェスティバルのお手伝いをして下さる,Sさん,Oさん朝早くからのお役目本当に有り難うございます。

<運命>
冒頭部分,ダダダダーン,一人一人のテンポ感が微妙に違い,難しい所です。強弱のつけかたを練習しました。


   

           Jupiterママ
posted by ブログ管理人 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2017年01月30日

2017/1/30 春のような気温に

最高気温が20度近くまであがり,春を思わせるような1日でした。先週に引き続いて日比先生のご指導を頂きました。


<練習曲目>
1 梁   邦彦      英國戀物語 エマ
2 Francis Poulenc    クリスマスのための4つのモテット

<練習内容>
1について。演奏会当日,ステージで演奏するときの気持ちで吹きましょう。スタカートの表現の仕方を一人一人吹き,先生に,『はい,その音です』と,ご指導して頂きました。音が,部屋中に飛び交ってそれぞれの音に色合いが重なり,思わず目の前に浮かんでくる感じがしました。アンサンブルならではの至福の瞬間でした。
2について。より繊細なクレシェンド,デクレシェンドの箇所のご指導を頂きました。各パート毎での確認をしましょう。


<話合い>
定期演奏会のチラシの原案を3点用意して下さった中から多数決で1点決定しました。木管フェスティバルに配布お願いできる様にと,時間制限がある中での作成有り難うございます。
木管フェスティバルについて。集合時間、午後からの練習についての話合いをしました。当日は,駐車場はお借りしていません。ホールの駐車場利用になります。

<運命>
今後,日比先生に指揮して頂けることになりました。

*お帰りの車の中で*
木管フェスティバルが2月になった事で,合わせて,定期演奏会の曲目にも拍車がかかり,いいですね。プーランクいいですね。コンマスさんの作品に対する気持ち是非お聞きになりたい様です。演奏会当日の微笑ましい様子が,,,



        Jupiterママ
posted by ブログ管理人 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2017年01月23日

2017/1/23 今年初の指導日

『寒い,寒い』が,挨拶より先になってしまう寒い日でした。何時もより,30分早い時刻に『運命』の練習から始まり、今年になって初の先生からご指導をいただけた日になりました。

<練習曲目>
ベートーベン     『運命』

1 梁  邦彦    英国戀物語  エマ
2 G.P Teleman   Suite burlesque


<練習内容>
『運命』は,初めて先生からご指導を頂きました。『プログラムに入れて,良かったですね。』と,今日まで熱心に練習に取り組んできたメンバーに、より励みになるお言葉を頂けてよかったです。生き生きと,前に走り抜ける様に演奏しましょう。曲中の基本のリズムパターン,8分休符,8分音符3つをゆっくり吹きましょう。解き放す音ですよ。と,メンバーのハートに火をつける指導をして頂きました。
1について。EMMA、目標を持って歌にする事を忘れずに。Memory,ダカーポなしで演奏することに決定。
2について。久しぶりに先生からご指導を頂きましたが,演奏会当日、プログラム最後のステージの様子が思い描ける様になりつつあります。


*司会について*
『今回の定期演奏会の司会を、是非,先生に御願いしたいです』というメンバー全員からの熱い要望に先生が,お応えしてして下さいました。メンバー全員演奏に全力を集中できる好条件が整いました。

*続く練習*
引き続き,日本民謡メドレーを自主練習しました。コンマスさんから,『ソーラン節』は,荒海を櫓で漕いでいる男達をイメージして,演奏者がイメージを持って吹かないと聴いて下さる方に伝わらない。もっと,もっと情景,心情をためこんだ演奏にと練習を重ねました。
その後,先生からご指導頂いたポイント確認練習を『運命』グループのメンバーは練習しました。


*連絡*
30日は,指導日になります。


       Jupiterママ
posted by ブログ管理人 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2017年01月16日

2017/1/16     急遽自主練習日に

日比先生からご指導頂ける予定の日でしたが,名古屋方面に出向かれていらっしゃっていた先生のスケジュール を雪が狂わせてしまいました。臼井にいらっしゃって頂ける時間が取れなくなり,自主練習に変更になりました。コンマスさんは何時もにも増して演奏法の忘れてはいけない重要ポイントを繰り返し吹きながら説明して下さったり,曲中のフレーズの解説をして下さったりと,,,,いくつものコンマスさんの高度なテクニックがたくさん詰まっているドアを開放して下さいました,そしてより,豊かな響きが出せる様,メンバー全員真剣に取り組みま した。


<練習曲目>
1 Foster        Foster Song Fantasy
2 Francis Poulenc   クリスマスのための4つのモテット


<練習内容>
1について。7小節目ソプラノ,アルト,テナーにある8分音符,16分音符2つ,4分音符のフレーズで,最後の4分音符は8分音符程の長さで吹きましょう。23小節目のメロディーのバスは勢い良く,アルト,テナーは軽く吹きましょう。55小節目からは,メロディーは歌って演奏していきましょう。56,57,62小節アルト,テナーにあるスラーが付いている8分音符が連続しているフレーズはもっと,もっと勿体ぶった吹き方にしてみましょう。アルト,58小節フレーズ最後のミの音はいつも教えて頂いているフレーズしまいの吹き方。ぶつんと切らない引いた短い音にしましょう。同じ小節のテナー、フレーズ最後の2分音符のドの音はアルトに合わせましょう。73小節目から『夢見る人』は,横揺れを意識して吹きましょう。89小節目テナーがメロディーです。バスはすごくいい音で支えてあげて下さい。レ,ド,シの3音はつなげめに吹きましょう。アルト,テナー,115小節目最後の8分音符は前の4分音符とは別物に。129,135小節最後の8分音符も同様です。126小節から4小節あるバスの2分音符は長めに吹きましょう。
2について。コンマスさんが,『取り組み始めよりよくなっている』とお話しされると,メンバーの表情もホッ。フレーズのおさめかた、頬をしぼめるだけ。思い出しながら,『アッ、自然にできる様になってきた?』いやいや,まだまだ。よく考え,自分の吹いている音を良く聴いて,教えて頂いている音を出せる様になりたいです。

<話合い>
2月25日,木管フェスティバル当日の日程について話合いがもたれました。練習回数を出来るだけ増やし,精度の高い演奏を目指したいメンバーの熱意から,流動的ではありますが次の様に方向性が決まりつつあります。
1 プログラム1番の出演なので,演奏終了後客席で他の演奏を聴く。
2 各自ランチを持参し,練習会場様宅にてランチタイムをとらせて頂く。
3 午後から自主練習をしましょう。コンマスさん快諾して下さいました。
4 当日の宴会は,なし,に決定。

<運命>
今のテンポの目標値を92としてメトロノームを使用し,練習してみました。ゆっくりなパッセージから急転速いパッセージへ。そんな難所が。演奏メンバーに入っていない私はTさんから毎回練習の報告を頂き,投稿しています。来週は先生のご指導を頂いている様子を聴かせて頂き投稿しようと,楽しみにしています。

<どれが,いいでしょうか?>
毎回,定期演奏会のポスター製作担当して下さっているWさんより,3種類の案が提示頂けました。御骨折りに感謝します。皆さん,お気に入りは,どれですか?


        Jupiterママ
posted by ブログ管理人 at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2017年01月09日

2017/1/09 練習始め

新年初めての練習日。祝日で数人のメンバーのお顔が見えませんでしたが,お互いに,『今年もよろしくお願いします』の,挨拶が交わされ,自主練習の音が響きました。

<練習曲目>

1 金子 健治  編曲     日本民謡メドレー

2 Francis Poulenc      クリスマスのための4つのモテット


<練習内容>

先ず,コンマスさんから,『定期演奏会まで後3ヶ月半。精度を上げていきましょう』と,お話がありました。大事な点は,指揮をよく見る。特に,指揮棒の打点で合わせる事を徹底する事。
1について。ソーラン節は,自分のパートは主役か,脇役かを正しく把握し,各担当をしっかり受け持つ。アルト,テナー、バスに良く出てくる,1小節に,4分音符1つ,8分音符2つのフレーズは,8分音符が転がり易い。各小節の頭を意識して演奏しましょう。会津磐梯山は、51小節目以降アルト,テナーにある付点8分音符,16分音符,8分音符2つの部分。8分音符が前のめりに入らない。
2について。日比先生より『なでこむように』というご指導を頂いて居る事を元にコンマスさん手書きで表した指揮法が登場しました。たてに振らずに横8の字の指揮です。ジェットコースターの急降下,急上昇をイメージしてと,なんと,8の字の上に絶叫している数人の姿が、、、コンマスさんが乗っている?錯覚したのは私だけでしょうか?思い出してニコッ。何時も分かり易いアイディア有り難うございます。1曲めはこの指揮法にのって、2曲目は,拍子の変化があったりするのでやはりたての振りが欲しい。との意見も出たり。どんどん4曲とも成長していきつつあるパワーがいっぱいです。

<連絡事項>
木管フェスティバルに付いて。掲示板,各メンバーへのメールで連絡済みですが,当日の演奏順がトップになり,朝,9時30分前に集合。出入りの時間に余裕が無いので,演奏形態について検討が必要。次回,先生とも相談させて頂く事になりました。
定期演奏会の司会について。掲示板で掲載されているように、日比先生から良いお返事を頂けそうではありますが,来週,メンバー全員で先生に『是非お願い致します』と,こころからのおねがいをしましょう。と,確認し合いました。
定期演奏会ご案内葉書のリストが用意して頂けました。1月中に確認御願いします。


*運命*
3週間のお休み開け,久しぶりに合わせ,何度も吹いているうちにだんだん速さの感覚が戻ってきました。



        Jupiterママ
posted by ブログ管理人 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌