2018年07月09日

2018/7/09 リコーダー基礎講座

今日は先生のリコーダー基礎講座からスタートしました。リコーダーの歴史から、構え方、タンギングの仕方、お手入れの方法まで、リコーダー吹きとして知っておきたいあれこれが詰まった、実技もおりまぜた楽しい講座でした。その後の練習では、タンギング「トゥっ」の練習のおかげか、心なしか肩の力を抜いて演奏できたような気がします。

*マドリガル曲集
目標テンポの確認をしました。
・おやすみいとしい幼子よ(二分音符で70)
・今こそ5月(二分音符で104)
・火事だ、火事だ、私の心(二分音符で98)
・何を言うの気むずかし屋さん(二分音符で98)
・さよなら愛しいアマリリス(四分音符で84)
句読点(英語の歌詞の方)で、息をとることを意識する。

*A. Challinger 「Ballad.Blues and Riffs」
3曲をかいつまみながら、曲の雰囲気をつかみました。のりのよいお洒落な曲です♩

放課後
大和田小訪問演奏の練習がありました。

来週(7/16)は海の日でお休みです。
posted by ブログ管理人 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2018年07月02日

2018/7/02 パート決め

7月に入り本格的に暑くなってきました。暑いと音程もどんどん上がるので、涼しい室内で快適に練習できて嬉しいです。今日は、マドリガル曲集とディベルティメント(モーツァルト)のパート割りをしました(残りの曲に関してはこれからです)。来年の定期演奏会までお付き合いするパートが決まり、ようやく腰をすえて練習に取り組める気持ちです。

<練習メモ>
*マドリンガル曲集
テナーで低い音を余裕を持って吹くのが難しい。

*W.A.Mozart「Divertimento No.10 inF 」K247
1楽章と4楽章を練習しました。曲の雰囲気にも少し慣れてきたように感じます。

*A.Challinger 「Ballad.Blues and Riffs」(←New!)

〜放課後〜
次回の定期演奏会で取り入れることになった小グループでのアンサンブルの方向性について話し合いました。

トミサ
posted by ブログ管理人 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2018年06月25日

2018/6/24 梅の香り

玄関の扉を開けると、桃のいい香りが、と思ったら大きな梅でした。梅の香りと桃の香りって似ているんですね。新たな発見です。今日は先生のレッスン日でした。久しぶりの先生との再会、先生から定期演奏会の感想をいただき、楽しかった記憶がよみがえってきました。ほくほくした気持ちのまま、はじめにとりかかったのは、イギリスマドリガル曲集です。テナーリコーダーとバスリコーダがメインの編成は、安心感があってとても素敵な響きでした。

<練習メモ>
* 女性合唱のためのイギリスマドリガル曲集より以下の5曲
  lullaby, my Sweet Little Baby(おやすみいとしい幼子よ)
  Now is the Month of Maying(今こそ5月)
  Fyer, Fyer, my Heart !(火事だ、火事だ、私の心)
  What Saith my Dainty Darling ?(何を言うの気むずかし屋さん)
  Adieu, Sweet AMaryllis(さようなら愛しいアマリリス)

* 金子健治「Nostalgic Air」

* W.A.Mozart「Divertimento No.10 inF 」K247
  装飾音の演奏の仕方を練習しました。

〜放課後〜
来年度の定期演奏会について話し合い、10月にアイリスホールで開催する方向で調整することになりました。

トミサ
posted by ブログ管理人 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌