2017年06月26日

2017/6/26 今日は先生の指導日でした。

今日は、「ハイドンのシンフォニー」にじっくりと取り組みました。リズムや音形に応じた表現、スラー、強弱の付け方等、先生の歌いながらの指導は、大変分かり易いです。演奏も少しずつ向上してきているように思えます。「セビーリア」は、中間部のテンポの揺れるところが魅力的です。アルトのソロとタイミングを合わせることが難しいので、さらに練習が必要でしょう。最後に「コンチェルト」に入りました。1楽章の細かいリズムの吹き方を、先生が範を示してくださり、皆さん納得顔でした。2楽章は、低音楽器中心の編曲に変更されましたが、時間が足りなくなり次回に持ち越しです。放課後は、佐倉市役所ロビーコンサートに出演する有志メンバーが、最終リハーサルを行いました。

<練習曲目>
1. F.J.Haydn   Symphony No,97 in C 1・3・4楽章
2. I.Albeniz    Sevilla
3. A.Vivaldi    Concert for Recorder in C 1・2楽章

<レッスンノート>
1について  ・♫♫♫は、表拍は押す、裏拍はひくような感じで
       ・4分音符と2分音符の組み合わせ のリズムは、1拍目を短かく軽やかに
       ・ハイドンの fやsfはびっくりさせるように
2について  ・テンポを速くする必要はなく、闘牛士の曲のイメージで            
3について  ・小節ごとに、表と裏の関係になっているところがあるので、それを意識して

MB

posted by ブログ管理人 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180172450

この記事へのトラックバック