2017年02月27日

2017/2/27 掲示板ご覧になりましたか?

先週末木管フェスティバル出演,午後から『運命』演奏メンバーは先生のご指導をたっぷり頂き,そして,今日、日比先生の熱のこもった指導日でした。早く練習会場入りされていらっしゃった先生は,司会進行されるメンバー2人と楽しそうにお話し合いをして下さっていました。


<練習曲目>
1 G.P   Telemann   Suite burlesque
2 Francis Poulenc    クリスマスのための4つのモテット


<練習内容>
1について。ご指導頂いた事。1Ouverture,63小節、2拍目から,及び,65小節2拍目からのクレシェンド。74小節、Lentement遅くなりすぎない。79小節,3拍目の音は深い音で。2Scaramouches,10小節目、27小節目は一旦落ち着く。3Harlequinade曲冒頭から3小節目1拍までで,1フレーズ,3小節目2拍目から5小節目1拍までで1フレーズの捉え方を正しく。6,7Menuet,演奏順序決まりました。メヌエット1,2再びメヌエット1に戻り,2括弧で終わりです。メヌエット2,4分音符3つある小節は1拍目を強くせず,どれも同じ粒になる様に演奏しましょう。8Mezzetin,7,8,及び9小節にある2分音符は,落ち着く。54小節目リタルダンドして,最初に戻ります。

2について。4曲とも,パート別に吹いて,改めて,個人練習を積み上げないと。と,痛感しました。


<お話し合い>
何人かのメンバーが、掲示板に投稿して下さってありました,次回30回定期演奏会会場についてのお話し合いをしました。何時も,色々お世話役を担って下さっている,Hさんお二人の周到な準備で都内あるホールの申し込みに早速出向いて頂くことに決まりました。
審査の結果が出るのが楽しみです。

<運命>
25日木管フェスティバル当日午後,1時から3時までたっぷり先生のご指導を頂きました。演奏メンバーに入っていない私は、普段ご指導頂いている時とは違ったとても,勉強になるいい時間になりました。1にも2にも先生の忍耐強さ,寛大さを改めて感じました。そして,自覚する事,積み重ねる事,曲の中での自分の位置,役目を認識すること。他にも沢山,たくさん、タクサン。満腹になりました。
消化して栄養にできるようにしなければ。と。強く思いました。
そして,本日,演奏メンバーは、放課後練習に励みました。先生のご指導を思い出しながら,入りのタイミングを練習,随所にでてくるあの,『運命』のフレーズを歯切れ良く,軽やかに合わせることを心がけました。




        Jupiterママ
posted by ブログ管理人 at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178934042

この記事へのトラックバック