2017年07月31日

2017/7/31 夏休み前最終練習日

今日は先週に続いて、先生の指導日でした。「5つのヴァリアント」は、初めにコンマスの指揮による演奏を先生に聴いていただきました。その後で、バロック音楽とは違う音楽づくり、特に各パートが歌うように表現することの大切さを教えていただきました。まずは、しっかり確実に吹けるようにすることが必要だと感じました。8月は夏休みに入り、定例の練習はありませんが、13日(日)は半日の集中練習日です。各自これまでの練習を振り返り、当日に備えたいものです。

<練習曲目>
1 F.J.Haydn  Symphony No,97 in C 1楽章
2 V.Williams  Five variants of Dives and Lazarus
3 G. F.Händel  Allegro moderato  

<レッスンノート>
1について
・「Adagio」の八分音符の連続は遅くならないように 
・「Vivace」の四分音符の上行音型はトランペットのように、そのあとは弦楽器のピチカート風に
・ 3連符が連続するパッセージは流れないよう、クリアに表現、

2について
・スラーの後拍の音は、しっかり吹く(バロックとの違い)
・各パート、しっかり吹いて歌にしましょう

3について
 ・十六分音符の連続の音型は、軽くはずんで軽快に

<話し合い>
定演の録音録画について、専門業者への見積もり依頼と、費用負担について話し合いが持たれました。

MB
posted by ブログ管理人 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌