2016年12月19日

2016/12/19 Present

今年最後の練習日。日比先生のご指導をいただきました。

<練習曲目>
1  G.P. Telemann    Suite burlesque

2  梁   邦彦     英国戀物語  エマ


 今日は忘年会のお楽しみがあるので1時間で練習は終了。テーブル設定,おつまみ類の盛りつけ,お弁当配り等一致協力して宴会場の出来上がり。先生までもがお手伝いして下さっている様子が微笑ましく,『臼井リコーダーアンサンブルの活動の源ここにあり』の感です。

<Present>
#乾杯直後『運命』演奏メンバーの第1次発表があり,積み重ねてこられた練習のあとを披露していただきました。
#Kさん,Aさん,そして会友のFさんとの演奏,Kさん,Aさんのバイオリンとチェロの演奏。楽しそうに演奏されている表情から本物の豊かさをいただきました。
#先生にチェンバロを弾いて頂きながら415ピッチ使用の演奏、長い間リコーダーを楽しんできている方々のグループ,UREに入って数年のメンバーの方々のグループ,各人,各様の楽しみ方を表現していただきました。
#会友のFさんはご自身作の野菜や果物をたくさん持ってきて下さり,皆様にどうぞ。コンマスさんからは,某国の嗜好品を欲しい方どうぞ。お休みされているメンバーの方からも皆様でどうぞ。と,お菓子が。部屋の中に何人サンタさんがやってきた事でしょう。歓声が沸きあがっていました。

<プログラムアンケート>
 コンマスさんがお人柄の一端をのぞかせるユーモアたっぷりの、『各曲のプロ野球選手風性格』を紹介して下さり,プログラムの案を3つ提案して下さいました。検討した結果,案2の支持が多数を占めました。
   1 エマ
   2 4つのモテット
   3 運命
      休憩,楽器紹介
   4 フォスター/日本民謡
      または,楽器紹介
   5 ブルレスケ

<紹介>
 先日のささらと同様,Tさんからお友達から貸していただいた締め太鼓のご案内をいただきました。

*2017年は1月9日から練習が始まります。2月25日には木管フェスティバル出演です。年末年始体調崩さずに。今まで練習を重ねたそれぞれの曲の成長をもう幾回りも大きく育てられる様にしていけるといいですね。


       Jupiterママ
posted by ブログ管理人 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2016年12月12日

2016/12/12 あっ、クリスマスツリー

おしゃれに飾り付けされたクリスマスツリーは,集まってくるすべてのメンバーの心に暖かな炎を点灯しているかの様でした。ツリーを目にしたメンバーには,幼少時のクリスマスの楽しさを彷彿させる表情がうかがえました。ワクワクした気持ちに満ちた中,久しぶりの日比先生の指導が始まりました。


<練習曲目>
1  Francis Poulenc    クリスマスのための4つのモテット

2  梁 邦彦        英国戀物語  エマ

3  G. P. Telemann     Suite burlesque 1,2


<練習内容>
1について。第1曲。出だしは,弾まないで,なでる様に吹きましょう。第2曲。アクセントのついている音はほんの気持ち長くしましょう。第4曲。弾む感じで開放的に演奏しましょう。5小節目,p(ピアノ)の記号,subitoが書かれている事に留意して演奏しましょう。

2について。2月に行われる予定のフェスティバルに向けて,時間を計りながら通してみました。
Memory.Cの部分に出てくるテヌートの付いている音は,「ポーン」。日比先生のお話しされていた表情を思い出しながら吹くと「ポーン」になりますね。きっと。
Nostalgia. 27小節目8分音符が出てくるパートは弾んでポンポンと。
Curiosity.51小節目。4連続の8分音符のうち,4つ目はスタカートです。
59,60,61小節のテヌート,スタカートの繰り返しの部分はもっと豊かに表現しましょう。

3について。ここは,ヨーロッパのお城の中かしら?仮想空間で演奏している気分でした。


<お知らせと,貴重な意見>
Sさんから2月に予定されているフェティバルには30団体の申し込みがあり,午前中開演。当アンサンブルは,16時30分前後最後の出演予定ですとお知らせがありました。又,Aさんより皆さんに「こんなに楽しく演奏しています」と,聴きにきて下さる方にアピールできる様に,自宅での練習でも体でリズムを感じながら吹いてみましょうと,提案を頂きました。その心の結集から響く私たちの演奏で元気になったり,違った自分に出会える人が居るはずです。演奏して良かった。聴いてよかった。共有できるといいですね。


<運命>
8分休符の後に8分音符が3つ続くあのリズム。沢山出てきますがとても難しいです。そこで,8分音符4つのつもりで均等に吹いて練習しました。又,指揮無しで,急に速いパッセージを吹く部分が難しく,回数を重ねて練習しました。
次週,忘年会で第1次発表をすることになりました。



        Jupiterママ
posted by ブログ管理人 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2016年12月05日

2016/12/05 晴れ,そして最高気温17度

お仕事の関係で残念ながら欠席の方,又,体調を崩された方がいたりと,空席がチラホラ。自主練習日でした。


<練習曲目>

1 G.P. Telemann    Suite burlesque  全曲

2 Poulenc        クリスマスのための4つのモテット 1、2,及び3


<練習内容>
1について。指揮に従って演奏するということができていないので、その目的を達成できる様に大げさにテンポを揺らして指揮して頂き,それに従って吹く練習をしました。全体を通して今まで練習してきたことの再確認をしました。
2について。細かく区切って,よりよい響きの音になる様に,又,各パートとの関連を意識した練習をしました。


<運命>
 1小節が1拍で進んで行くスピード感に少しずつ慣れてきました。中間部,dolceのところでメロディーを受け持つパートが引き継がれていく中での表現,そして,フェルマータの後で切って合図に合わせて入るなどの練習をしました。帰路の車中でも『運命』のメロディーが頭の中で巡っていると言うつぶやきが,,,,,



    Jupiterママ
posted by ブログ管理人 at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌